Return to site

みらいピッチ in 三浦半島

〜三浦半島で活躍する人の"想いを共有"し、アクションに変えるピッチイベント〜

第一回 みらいピッチ in 三浦半島、開催しました!!

本日初開催したみらいピッチは、30名を超える参加者に集まっていただき、6名の登壇者に情熱のこもったプレゼンテーションをおこなっていただきました!!

初開催ということもあり、開催直前まで無事に開催できるかどうかが不安で仕方ありませんでした。

そんな不安を横目に、参加者の皆さんからは、

「普段接している人でも普段は話さないような、貴重な話を聞くことができた」

という声や、

「とても刺激的な話を聞くことができた。自分でもアクションを起こして行きたい」

といったアクションにつながるようなインパクトが広がったことにとても嬉しく感じました。

また、参加者だけでなく登壇者の皆さん方も、「お互いに多くの刺激をもらうことができた」、そして新たな人脈形成・ネットワークになったことが何より嬉しく思います。

開催した実行委員会としては、このみらいピッチというイベントをきっかけに、世界から注目される活動・ビジネス、そしてグローバルに活躍する人財が増えていくことを望んでいます!

以下、当日のプレゼンの様子をご紹介させていただきます。

プレゼントップバッターは、

ANAテック株式会社 専務取締役 安藤 知史 氏。

http://anatech.jp/hp/

金属加工のことなら全てお任せを!というお話から、最新の加工機器を導入して、新しい分野、製品にも果敢にチャレンジしていることをプレゼンしていただきました。

驚いたことに、ANAテックさんの社員の平均年齢はなんと20代!ものづくり業界では高齢化が進んでいる偏見が覆されました。。

横須賀のものづくりを盛り上げていくべく、内川工業団地からチャレンジを続けていく熱いプレゼンでした!!

プレゼン2番手は、

株式会社三崎恵水産 常務取締役 石橋 匡光 氏です。

http://www.misaki-megumi.co.jp/

「三崎まぐろを世界に届ける!」ことを志に掲げ、世界に売り込むまぐろ師です。

石橋さんの経歴もぶっ飛んだ部分があり、海外での放浪からカリフォルニア大学へも進学し、当時の面白話まで(笑)

稼業のマグロ屋さんで、実際に世界各国へ販売されており、売上は億単位!!

ますます新しい国での販路を開拓しており、ノリに乗っております!!という印象を受けた、まさにパイオニアとしてのプレゼンでした!

4番手は、 株式会社横須賀バイリンガルブリッジ 代表取締役 井上 芙美 氏です。

http://ybschool.jp/ 

横須賀に住むアメリカ人と日本人がバイリンガル環境で英語を学ぶ横須賀バイリンガルスクールを運営しているお方。

在日のアメリカ人から「Fish country」と言われたことにショックを受け、日本・横須賀滞在をネガティブなイメージからポジティブな思い出にしてもらおうとビジネス展開されています。

実績としては、なんと開園後半年で満席となる繁盛ぶり!

グローバルな環境で日本人としての誇りを持ち、世界で戦える本物の力を備えた子どもたちの育成がミッション。国境を越えて、人との絆をつなげていくことが夢という熱いプレゼンをしていただきました!

続いて4番手のプレゼンは、 株式会社ラントリップ 代表取締役  大森 英一郎 氏です。

箱根駅伝の出場経験や、観光業などの経験から、ランナーが良い道を求めて旅をするスタイル「Runtrip」を立ち上げられました。

全国各地掲載されていますが、彼の至っての希望で三浦半島の素敵なコースも掲載されています。(笑)

各種メディアから注目されているスタートアップ企業です。

ゆくゆくは、ローカルランナーと来訪者ランナーがつながれるような、そんなサービスを目指しているとのことです!

三浦半島の道を世界へ発信していくことも掲げてくれました!!

続いては、この方。

有限会社たのし屋本舗 代表取締役 下澤 敏也 氏です!

http://www.uretano.co.jp/

当初出店したお店で失敗した経験談を語っていただき、そこから、三浦半島の地魚と地野菜を一番に大事にし、お客さんに食を通して生産者の苦労やこだわりなどのストーリーを伝えていることを伝えていただきました。

店舗スタッフに畑などの現場に研修に出向かせるほど。手掛ける5店舗はほぼ満席なほど繁盛し、たのしや本舗卒業スタッフが何人も開業するほど次世代育成にも注力しています!

また、新しい夢・野望についても話していただき、とてもワクワクするようなプレゼンでした!

そしてラストは、 NPO三浦半島生物多様性保全 代表 天白 牧夫 氏です!

http://mbcn-m.com/hp/

天白さんは、三浦半島の里山を再生させるため、復田を中心に管理の手が離れた里山での伝統的管理を展開されています。

同時に環境教育として環境保全活動の次世代育成もおこなっています。三浦半島にトンボやカエルを追う子どもたちで賑わう谷戸を一か所でも多く蘇らせることが彼のライフワーク!

知らない生物はほとんどないほど、精通した知識と経験があります!

わざわざ里山のジオラマを展示していただき、

これからの三浦半島での里山再生におけるビジョンを語っていただきました!!

最後に集合写真をパチリ!

今回の登壇者は実行委員が聞きたいと思うくらい、積極的にかつ多方面で活動されている方々でした。みなさん多忙なため、登壇の依頼や、当日のスケジュールなども大変でしたが(汗)、情熱溢れるイベントになったのではないでしょうか。

参加者同士はもちろん、登壇者相互の交流もでき、プレゼンで刺激を受けただけでなく、ここからまた新しくオープンイノベーションが起こっていく胎動も感じることができた懇親会となりました。

一つのピッチイベントにはとどまらず、この機会を通して新しいパートナーとの出会いや、切磋琢磨していく仲間ができたハブになるような、プラスの影響がどんどん広がってくれたら嬉しく思います。

この「みらいピッチin 三浦半島」は、半年に1回開催していく三浦半島最大のピッチイベントとしていきたいと思っています!

次回の開催もお楽しみに!!

▼みらいピッチ in 三浦半島

http://miraipitch.strikingly.com/

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly